学生ローンの金利について

学生ローンは20歳以上の収入の少ない学生でも審査に通りやすく、気軽に借りることが出来る利点がありますが、デメリット・注意点も当然ながらあります。まず第一に、学生ローンの金利は、実質年率は平均して14.40%〜18.00%と他のローンと比較するとやや高めです。例えば、ある平均的な学生ローン会社で年利18.00%で10万円借り、3回に分けて返済する場合を想定してみましょう。

1回あたりの返済額は34,400円です。つまり、利息は以下の通り、元本である100,000-(月々の返済額34,000×3回)=3,200円です。利息だけで飲み会1回分の参加費です。借りる金額が大きく、返済回数が多いほど利息は高くなるので、高額を長期間借りるほど金銭的に苦しくなります。学生ローンを使うなら、確実に返済できる少額を短い利用日数で借りるようにしましょう。学費の支払いや留学費用など高額融資を受けたい場合は、学生ローンでは、やや負担が大きい場合もあります。

また、返済方式もリボルディング払いという分割方式ということもあるので、慣れていない場合は注意しましょう。また、学費目的の場合は必要な書類が増えてしまうことも考えられます。利用目的は審査の対象になるので、その辺りには虚偽のないようにしましょう。遊興費なら、きちんとその様に申告しなければなりません。このサイトでは、手軽なだけに注意しなければならない学生ローンについて解説しています。確実な融資でより良い学生ローン生活をしましょう。

▽注目サイト
学生ローンを利用しようと思っている方はこちらの学生ローン専門会社のサイトで金利などを確認できます ⇒ 学生ローン専門

Copyright © 2014 学生ローンの注意点について All Rights Reserved.